ここから本文です。

参加するために準備するもの(保険医療機関・保険薬局)

機器関係

オンライン請求用パソコン【サポート環境】
オンライン請求で使用するパソコンの動作環境は以下のとおりです。以下の組み合わせ以外の環境では、動作しない場合がありますのでご注意ください。

オンライン請求用パソコン(100KB)
オンライン請求システム暗号化方式の変更について(54KB)

ネットワーク回線 

オンライン請求のネットワーク回線について(保険医療機関・保険薬局)
オンライン請求で使用するネットワークについては、平成20年2月22日付け厚生労働省保険局長通知(保発第0220004号)で、オンラインで使用する電気通信回線は、従前のISDN 回線を利用したダイヤルアップ接続または、閉域IP 網を利用したIP-VPN 接続に加え、IPsec とIKE を組み合わせたインターネット接続についても選択可能であると定められました。

オンライン請求接続可能回線・事業者一覧表(131KB)
 

IPsecとIKEを組み合わせたインターネット接続

ご利用に当たっては、インターネットに接続するためのプロバイダ(ISP)の他に、「IPsec+IKE サービス提供事業者」への申し込みが必要となります。
オンライン請求に接続可能な「IPsec+IKE サービス提供事業者」については、保健・医療・福祉情報セキュアネットワーク基盤普及促進コンソーシアム(HEASNET)のホームページにて、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン第2版」に適合したサービスを提供していると評価された事業者が紹介されていますので、詳しくはHEASNET のホームページをご参照下さい。

ネットワーク回線の準備方法及び接続方法に関するお問い合わせは
ネットワークサポートデスク (0120-220-571)
「9時00分~17時00分(土・日・祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)を除く)」
までご連絡ください。
※ただし、5~7日は8時00分~21時00分、8日~10日は8時00分~24時00分まで
(土・日・祝日も対応)

 

利用者負担額見込

オンライン請求に参加するために利用者が負担することとなる金額は利用者負担額見込(医療機関・薬局)のとおりです。
なお、金額の算出に当たっては、オンライン請求に必要な「(1)オンライン請求専用のパソコンを購入すること」、「(2)認証局が発行する電子証明書をパソコンにインストールすること」、「(3)審査支払機関が準備したネットワーク(IP-VPN回線)に接続するための回線を準備すること」に係る初期費用及び月額利用料について、平成19年1月時点において見込まれる額を算出しております。

参加手続き 

オンライン請求に参加する場合は、審査支払機関へ「電子情報処理組織の使用による費用の請求に関する届出」等を提出します。最短3週間後にオンライン請求システム利用者情報、操作手順書及び送信用ソフトウエア等が届きますので、オンライン請求用パソコンに送信用ソフトウエアをインストールし、電子証明書をダウンロードするとオンライン請求が開始できます。

オンライン請求にかかる請求手続きの流れ(医療機関・薬局) 参照

本文ここまで

ここからフッターメニュー