ここからサイト内共通メニュー

ここから本文です。

北の恵み ふるさと健康料理45

釧路町の特産 白かぶ
胃腸に優しい栄養たっぷり 
煮るなり焼くなりなんでも得意な万能野菜

 釧路町は、北海道の南東部に位置し、北は「釧路湿原国立公園」、南は「厚岸霧多布昆布森国定公園」の雄大な自然に囲まれた、人口18,700人程のまちです。太平洋を望む南側の広い海岸線のほとんどが昆布や牡蠣の漁場であり、豊富な海産物に恵まれたまちですが、春から夏にかけて海霧の影響を受けるため、日照時間が短く、気候としてはかなり冷涼な地域です。この冷涼な気候が向いている作物に、「白かぶ」があります。
 
 春の七草「すずな」として日本人に古くから親しまれている白かぶは、1700年以上前の弥生時代に日本に伝わったと言われる、歴史ある野菜です。釧路町では現在6戸の農家が生産しており、1年間で約60~70トンの白かぶを収穫しています。真っ白でつややかな肌とみずみずしさが特徴で、出荷時期は4月から11月までとなっており、釧路町の冷涼な気候を活かして夏場でも白かぶを生産することができます。
 
 白かぶは、根から葉まで全て美味しく頂ける野菜です。根には、カリウムやビタミンC、でんぷんを分解する消化酵素のジアスターゼが含まれ、葉にはβ-カロテン、カルシウム、鉄を豊富に含み、緑黄色野菜に分類されます。1株で緑黄色野菜も淡色野菜もそろう、お得な野菜です。葉は脂溶性ビタミンを多く含むため、油を使った料理にすると、吸収率がアップし、食べやすくなります。根は、柔らかく煮る煮びたしやスープにして食べるのもおすすめですが、今回のレシピのように、焼くとコリコリとした食感が楽しめ、甘みやジューシーさも感じられるため、是非焼いた白かぶも味わってみてください。
 
 釧路町では、白かぶのブランド化を図ろうと、一目で釧路町産の白かぶであることが分かるように、「釧路町産白かぶ」と表示されたピンク色の結束帯を使用して出荷しておりますので、スーパーなどで見かけた際は是非お買い求めください。 

かぶのしそ味噌肉巻き

かぶのしそ味噌肉巻き
材料(4人分)
かぶ…………………………中2個(250g)
大葉…………………………12枚
豚もも肉うす切り………… 12枚
味噌…………………………大さじ1
サラダ油……………………小さじ1
作り方
①かぶは、6等分のくし形に切る。
②豚もも肉うす切りを広げ味噌を塗り、大葉、かぶを置いてきつめに巻く。
③フライパンにサラダ油を熱し、②を並べ、ふたをして中火にかけ、返しながら両面をこんがりと焼く。

かぶの葉ごはん

材料(4人分)
かぶの葉……………120g
ごま油………………小さじ1
塩……………………小さじ3分の2
白ごま………………大さじ2
炊いたごはん………2合
作り方
①かぶの葉は、みじん切りにして5分程度水にさらし、ざるに上げる。
②フライパンにごま油を熱し、かぶの葉を入れて炒め、しんなりしたら塩、白ごまを加えて炒め合わせる。
③炊き立てのごはんに②を混ぜ合わせる。

栄養成分(1人分)

 
かぶのしそ味噌肉巻き
エネルギー 142kcal、たんぱく質 13.4g、脂質 8.5g
炭水化物 4.4g、食物繊維 1.4g、カルシウム 31㎎
鉄 0.8㎎、食塩相当量 0.6g
1
かぶの葉ごはん
エネルギー 276kcal、たんぱく質 5.4g、脂質 3.9g
炭水化物 57.7g、食物繊維 3.7g、カルシウム 134㎎
鉄 1.2㎎、食塩相当量 0.8g











   釧路町食生活改善協議会の皆さん




 釧路町農林
水産課農政係 旭岡 伸悟(文)
 釧路町けんこう応援課健康推進係 管理栄養士 鈴木 和美(レシピ) 
 釧路町食生活改善協議会(写真・調理)

お問い合わせ

事業振興課

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る