ここから本文です。

レセプト電算処理システムのご案内

 医療機関においては、診療報酬の請求事務をはじめ、患者受付け、窓口会計、医薬品在庫管理といったさまざまな分野においてコンピューターを活用し効率化を進めていますが、診療報酬の請求には、せっかくの電子情報を紙レセプトに印刷して行っています。
 そのため、

  • レセプトの印刷
  • 診療続紙切り取り・貼り付け
  • 入院・入院外別や本人・家族別等の仕分け・編綴

 といった業務は、依然として多くの人手と時間を要しており効率化が図られていないのが現状です。 電子レセプトによる請求『レセプト電算処理システム』を導入して、請求事務の更なる効率化、IT化を図りませんか。


ページの先頭へ戻る

レセプト電算処理システムとは

 レセプト電算処理システムは、診療報酬の請求を紙のレセプトにかえて、電子媒体に収録したレセプト(電子レセプト)で提出を行うことが出来る仕組みを整備したものです。医療機関、審査支払機関及び保険者を通じて一貫した整合性のあるシステムを構築し、業務量の軽減と事務処理の迅速化を実現することを目的としています。


ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー